スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィスキーマガジンライブ (その2)

遅くなりました。引き続き、ウィスキーマガジンライブ、
マスタークラスの部です。
まず、MC 12 / スプリングバンク蒸溜所
title.jpg

ちょっと気合いをいれて前の方の席をゲット。
こんな感じ。
opening.jpg
男がスカート?って思ってましたが、間近で見ると
まぁ、ありかなぁ、って思い直しました。民族衣装キルトでしたっけ?
伝統ってやつですね。あんまり違和感は感じませんでした。
さて、
今回飲めるウィスキーは、こちらの方々、、、。
List.jpg

流れ的には、
セールス&マーケティングマネージャー「ピート・カリー」
さんが話をして、隣の人が通訳してくれるパターンです。
多少まどろっこしいけど、英語がわからない私は、まぁ、しょーがないですね。

ここの蒸留所は、ボトリングまでを一括で行っている所が
凄いなぁ、と思っていました。で、ボトリングまで行っている理由は、
地元の雇用対策だとか、、。
長い間、地元でも愛される蒸留所で居続けるのには、そーいった要因も
あるんですねぇ、、。

後、印象的だったのが、スプリングバンクの歴史の説明で
ひい、ひい、ひい、おじいちゃんの頃の密造酒時代から始まった?
みたいな訳の時に、ピート・カリーが、「ひいひいひい?」ってのが
面白かったらしく、連呼してました。英語だとなんて言ってたかなぁ、、
great-great-great-grandfatherだっけなぁ、、。

全体的には、おおまかなウィスキー作成までの流れでしたが、最後は、定番?の
2回半蒸留の説明でした。
Distillation.jpg

ここは、通訳者とピート・カリーが事前の打ち合わせで、中々、通じなかったとの
事でしたが、お酒に興味がなければ、そりゃぁ、なんのこっちゃ、、って感じでしょうねぇ、、。
という私も、そんなに理解していませんが、実際は、2.5回じゃなくて、単純に
計算すると2.8蒸留になるのかな。
まぁ、そんなこたぁ、どーでも良くて、何度も蒸留をすりゃ、そりゃ、ボディーの輪郭は
はっきりするし、美味しくなるんでしょうねぇ、、。

メモをとっている人が多い中、ぼーっとウィスキーを飲みながら、
それも事前に、展示会場でしこたま飲んだ後、
聞いていたので、間違いなどもあるかもしれません。。。まぁ、許してやって下さい。

次のマスタークラス「響」は、次回に、、、。(しかし、ひっぱるねぇ、、、)

タップの出番が無くて、ごめん。。。
次々回には、、、。
tap-sit.jpg
tap(standup).jpg
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント

プロフィール

クリップ

Author:クリップ
シングルモルトと愛犬をこよなく愛す初老。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。